2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

盛岡市観山荘病院

2013年4月13日 (土)

レイ・ブラッドベリと集団ストーカー、ついでに北野武

・Ray Bradbury and gang stalking,organized stalking

昨日の精神病院の記事と少し関係があります。

 昨年、惜しくも他界したアメリカの作家、レイ・ブラッドベリの代表作に
「火星年代記」(1950年出版)という短編の連作を纏めた作品があります。
 そのなかの一編「地球の人々」(原題:The Earth Men)は集団ストーカーを
思い起こさせるという部分でとても興味深い作品です。
 内容は地球から火星にやってきた探検隊が火星人に「地球からきまし
た」と挨拶をするものの冷たい対応をされ、火星人にたらい回しにされ最後
にある大きな鍵付きの部屋に案内されます。そこにいる大勢の火星人に話
しかけるとなぜか彼らも自分は地球からやってきたと話します。探検隊の隊
長は疑問に思ったもののしばらくして気がつきました。
 何にかというと、外見は明らかに火星人なのに地球から来たという人だら
けのその部屋は精神病棟だったということにです。
 その後、火星人の心理学者が探検隊を診察し、隊長は 「地球から来た」
という妄想に陥ってると診断されてしまいます。
 隊長は妄想じゃないことを証明するために心理学者に自分達が乗ってき
た宇宙船まで案内しますが・・・・
といった内容です。

火星年代記(The Martian Chronicles : Ray Bradbury)

Photo

 つまりこの物語は特定の内容の出来事を周囲の人に話すとその人は妄想に
陥ってると判断され、精神病院に入れられてしまう。それが事実であろうと医者
(ここでは心理学者)も事実と認めず誤った判断を(故意に)くだす。もしくは医者
の方が狂っているのに、正常な人間が異常者とされてしまう。
そんな内容の話です。
ブラッドベリの他の多くの作品同様に当時のアメリカ社会での出来事が反映
され、それを批判的な眼差しで書いた作品かと思われます。
 恐らくこの頃からアメリカでも集団ストーカーのような事が行われ、それを周囲
に訴えると精神異常者扱いされ、精神病院に入れられてしまう事例が少なから
ずあったんだろうということが想像できます。
 日本では掲示板に被害を書き込むと、糖質(統合失調症の隠語)呼ばわりさ
れる状況が今でも続いています。もちろん被害者を統合失調症と決め付けて
るのは創価学会員だろうとほとんどの人は思っているでしょう。
 何時ごろからこのような事が行われるようになったのかは定かではありません
が、日本でもこの頃、1950年代からこのような事が行われていたと考えても不思
議ではありません。

 また、この本が出版されるさらに20年ほど前にも警察の指示に従わなかった
が為に精神異常者として精神病院に入れられた女性の話が映画化されている
ようです。

チェンジリング(映画)

元になった事件

ゴードン・ノースコット事件



**********************************************************************************

 ついでの話ですが、ブラッドベリの短編「雷のような音」が映画化され、
「サウンド・オブ・サンダー」のタイトルで2006年に日本で公開されました。
テレビでの宣伝でB級云々言っていたので期待しないで映画館に行きま
したが、本当に酷いパニック映画といった内容でがっかりしたのを憶え
ています。原作の最後に「サウンド・オブ・サンダー」というタイトルの意味
があったのにラストシーンは改悪されタイトルが全く意味をなさない作品
になっていました。
 中学生の頃映画化された「ネバーエンディング・ストーリー」を見て以来、
映画化されたものは原作よりつまらなくなると思ってあまり映画館に行く
こともなかったんですが、これは本当に酷い映画でした。
お金を払ったからと思って最後まで見ましたが、時間の無駄でした。
 この監督はブラッドベリのファンだとは到底思えません。原作の必要が
全く感じられず、オリジナルの脚本にすればまだこれほど酷い評価には
ならなかったとさえ思います。
当時、仙台のモールにこの映画を見に行ったのを最後に映画館には行っ
てません。

 そして、この原作のラスト・シーンを上手く改作し映像化して作りあげたと
思われるのが、北野武の1998年の映画「HANA-BI」です。

 この作品はテレビで編集されたものしか見てないので、そのテレビ放
送の印象になりますが、ラスト・シーンありきでストーリーを作ったように
みえる単調なプロットを時間軸を多数入れ替えることで単調さから逃れ
ようとしたように見えました。何と言うか継ぎ接ぎ感が気になり評判ほど
良い映画とは思えませんが、やはりラスト・シーンはとても印象的です。

 ブラッドベリがライフルの音を雷鳴に例えたのに対し、北野は銃声を
花火の鳴る音に例えた、ということです。そのまんまじゃないかと言わ
れればそうですね。

 「サウンド・オブ・サンダー」、「HANA-BI」をまた見たいかと聞かれれば、
僕はもう結構ですと答えるでしょう。

 さらに余談ですが、北野武、ビートたけしはアンチ創価学会の芸能人
としてユーチューブの動画で紹介されていますが、僕は嘘だと思ってい
ます。たけしはもう十分テレビで色々やってるので今後、集団ストーカー
が公に事実と認められたならそれまでの行動を検証するのはある程度
可能ではないでしょうか。

「サウンド・オブ・サンダー」の原作「雷のような音」(原題:A Sound Of
Thunder)収録の短編集「太陽の黄金の林檎」。原作はとても好きです。
たけしの「HANA-BI」が好きな方は読んでみてください。
「HANA-BI」の叙情、寂寥感漂うラストと違い、どちらかというと非情さを
漂わせながら物語が締めくくられます。
(The Golden Apples Of The Sun : Ray Bradbury)
A
 さらに、さらに余談ですが、今回の記事を書くため火星年代記の内容で確認
したい部分があったのでアマゾンで英語版を購入したんですが、背表紙がほぼ
一面接着剤のようなものが付着していたので、理由を書き交換してもらったん
ですが、交換品も同じような物を送られてきたので、返品、返金してもらいました。
.
.
.おまけ。記念アップ。
笑いをとるより仄めかしがお得意なお笑い芸人が多いですね。
今日の夕方はわりと長時間「有吉 創価」で検索してました。
Ariyosi
.
.
.
Ray Bradbury,Martian Chronicles,A Sound of Thunder,Gang Stalking,Takeshi Kitano
Soka Gakkai,Asylum,SGI
.
.
.

2013年4月12日 (金)

精神科への入院基準を緩和

危険な法案を自公政権が成立させようとしています。悪用されると簡単に予想できる
ものを何故立案したのか疑問に思わざるを得ません。

精神科への入院基準を緩和へ 3親等内の同意で可能に

このニュースに関する2ちゃんねるのスレッド

スレッドより意見をいくつか。

1

2

3

4

5

7

盛岡観山荘病院には宮崎文平という権力、カルトに加担している医者がいます。
こういった医者の免許は今すぐにでも剥奪すべき。
岩手医大にもグルの医者がいます。
盛岡及び近郊の方は十分に注意してください。
8

これは創価学会員の書き込みかもしれませんね。
自分達に非難の矛先が向けられないように先手をうって嘘を吐く、
そんな団体の人間が日本を牛耳っています。
10.
.
.

2013年1月30日 (水)

怒鳴ってない証拠

 このブログや、妹と保健所職員らの動画を見た方はご存知かと
思いますが、妹が僕を精神病院へ連れて行く理由として僕が近所
の住民に怒鳴っていちゃもんをつけてると言ったことがあります。

 当時は様様な理由によりその住民と話してる動画のアップを断
念していましたが状況が変わったので今更ながらではありますが、
動画をアップしました。

 僕から相手の嫌がらせにたいして文句を言ったのが2つ、残りの
1つは相手から僕に話しかけてきたものです。
これらを聞いてもらえれば、僕は怒鳴っていないことが分かると思
います。ひねくれてる人は9月6日のものを怒鳴っていると言うかも
しれませんが、この時は相手が車を運転中でエンジンの音がうる
さいため、多少声が大きくならざるをえなかったことは分かっていた
だけるはずです。

 また最初の2つは相手が自分の非を認めています。残りの一つは
ただのいちゃもんです。これだけでも妹の言ってることが嘘だとお分
かりいただけると思います。僕が仙台から戻ってきて妹とあのような
話をするまでに近所の住民と話したのは10回あるかないか、また動
画に収めたのは多分あと一つくらいだと思います。それも見つかった
らアップする予定です。

 ちなみに9月14日の相手の男は僕の家の窓を閉めている動画に
映っている男と同一人物です。ぼくより2,3歳下で小学生の頃は他
の近所の子供や僕の兄弟と一緒によく遊んだものでしたが、僕が
中学生になった頃から遊ぶ事がなくなりました。それ以来久しぶりに
交わした会話があれです。

************************

5分43秒あたりで隣家の住人が僕の車庫前で乗降。
(普段は車を駐車してる付近で乗降。ブレーキランプの動画で確認できます。)
7分6秒あたりから相手と会話。

17分25秒あたりで付近の住民がこちらの車に向かってバック。
18分47秒あたりから相手との会話。

20分22秒あたりから。男が待ち伏せしていた車から降り、
玄関前の僕に話しかける。
.
.
.
.
.
.
.

2013年1月 2日 (水)

増える精神科・減る産婦人科や小児科、外科

増える精神科・減る産婦人科や小児科、外科

2013jan2
ここ1,2 年は震災の影響も多少はあるのかもしれませんが、
基本的に創価学会員の増加と比例してるんでしょうね。
.
.
.
.
.

2012年6月17日 (日)

精神障害者の強制入院で見直し案=家族の同意不要に-厚労省検討チーム

精神障害者の強制入院で見直し案=家族の同意不要に-厚労省検討チーム
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012061400978

 2ちゃんねるにもこのニュースでスレッドがたっていました。
色んな意見が書き込まれていますが、僕としては以下の様な
意見に近いです。

1
2
3
4

 

2011年4月18日 (月)

除雪 仄めかし車両 4月18日

 さすがに4月も中旬になると、ほとんど雪の無い道路を
音を出すためだけにスコップでこすったり、叩いたりす
る事を止めたようです。
そのかわり別の事をしていますが・・・
Mukaida

1784haihinkaisyuusya

2010hashimoto
2011aprl18_9741

 

2010年2月15日 (月)

偶然?

 入院中少し気になったことです。

 退院する一週間ほど前に同室に相次いで同じ町内に住む人が
入院してきました。

 もうひとつは明らかに入院を拒否したにも関わらず連れてこられた
人が「だから娘には○○学会や○○なんかの活動は止めろって言って
たのに・・・」なんて言ってたことがありました。

 まだ幾つか気になった事、患者さんはいたんですが今日はここまで。

2010年2月14日 (日)

強制入院

 強制入院させられるパターンは被害者それぞれ多少の違いが
あると思います。その一例としてご覧ください。

   1.拉致されて強制入院させられるまで

 昨年の12月11日の朝10時頃、僕はカーテンを閉めたまま
居間でインターネットを見ていました。

 ふと気づくと居間のドアが開き、遠方に住んでいるはずの
叔父が中に入って来ました。続いて妹達が入ってきました。
 僕は叔父の突然の訪問に驚き脇を掴まれて初めて、病院に
連れて行かれるのを悟りました。
 すぐにもう片側を弟に掴まれ外へ無理矢理連れ出されました。
外には前に来ていた保健所の職員3名と見知らぬ男2名がいました。
僕は車に押し込まれる直前に保健所のサコシに「これは合法か違
法か」と問いかけましたが、彼は何も答えませんでした。

 車には運転席に妹の旦那、助手席に妹、後部座席には僕を挟んで
叔父と弟が座りました。
叔父は「お前を守りたいんだ」とか訳の分からないこと言ってい
たのでほとんど会話はありませんでした。
妹は「すぐ帰ってこれるから」と言いましたが結局それは嘘でした。

 20分ほどで盛岡観山荘病院に到着。病院からも沢山の人が出てき
たので抵抗しても無駄と思い自分で病院へ入りました。

 2階の部屋へ連れて行かれ医師が僕の基本的な個人情報と集団
ストーカーについて質問しました。医師は当然集団ストーカーが
僕の思い込みであるかのような返答をしました。
 医師の判断は結局入院でした。僕はこれが合法であることの証明
を求めましたが、医師の言い分は家族が入院を望むなら入院させなけれ
ばいけないという納得しかねるものでした。
診察はたった5分程度で終わりました。

 診察の最後の方にこんな会話をしました。

僕「で、病名は何なんですか?」
医師「精神病です」
僕「えっ?」
医師「統合失調症の疑いがあります」

 僕はこんな不真面目で適当な診察の結果、強制入院が決まりました。


   2.病院と入院生活

 病院は2階建てで建物中央部にバレーコートが入る程の広さの
ホールとそれよりすこし小さめのホール(アトリエと呼ばれていた)
を挟んで病棟が並んでいます。ほとんどが5~8人程の相部屋です。
 入り口よりの第一病棟の詰所(ナースステーション)の前に3部屋
外から施錠できる個室があります。最初の3日はその部屋で過ごしました。
3日目に相部屋へ移され退院まで2度部屋の移動がありました。
 建物のドアは全て施錠されています。個室は窓の外に鉄格子があります。
相部屋の窓には鉄格子は無く、窓も開閉自由ですが、網戸が開かないように
なっています。
 風呂は週2回、21時に消灯です。消灯が早いので、患者の多くは5~6
時には起きています。

 基本的にする事がないので、患者とおしゃべりをするか、談話室兼食堂
でテレビを見るか、ホールや部屋でボーッとするか、家から持ってきても
らったアコースティック・ギターを弾いたりして時間潰しをしてました。
 作業療法の一環でスポーツや映画鑑賞などもありましたが、利用はしま
せんでした。
 土日はホールがある程度自由に使えるので、卓球やバドミントンなどを
していることもありました。


   3.診察、薬について

 診察は本当は毎日やらなければいけないようでしたが、実際は週4~5回
でした。僕の担当医は週4日しか来ないので、それ以外の日は院長が診察を
していました。

 薬は基本的に食後すぐに飲まされます。
 僕はほとんどは一旦口に入れた後すぐに吐き出していました。
医師の話によれば僕は本当は、ロレツが回らなくなり、ボーっとし、手足に
しびれがくるはずだと言って僕の変化の無さを不思議がってましたが、そういう
ことです。
 ただ何回かは薬を飲み込んだ時がありましたが、上記のような副作用ではなく、
お尻の辺りがムズムズし座っていても立っていても落ち着かない状態になったこ
とが数回ありました。
どうってことないような感じに思うかもしれませんが、これは本当に辛くて歩い
たり座ったりを数時間くりかえすはめになりました。

また薬の説明はこちらから尋ねないかぎりありません。

ある診察時にこんな会話がありました。

僕「なぜ突然薬の量が増えるのに何の説明も無いんですか?」
院長「私はあなたの担当医じゃないから」
僕「じゃあ何故僕を診察しているんですか?」

 このあと院長は渋々僕に何の薬が処方されているか説明を始めました。
不眠を訴えたことが無いのに睡眠薬が処方されていたので、使用中止を求め
この日は診察が終了し、この日以来、院長は僕の診察をやめました。

 あとは入院して2週間ほどしてからF-Pテスト、一ヶ月後にロールシャッハ・テスト、
その数日後に脳波の測定を受けました。
すべて結果は知らされませんでした。


   4.退院

 今年の2月12日に強制入院させられて初めての外出許可があり、アイーナへ
免許の更新へ行き、何も行動に問題が無かったということで13日か20日どちら
かの日を退院日に選べと言われたので、13日を選び退院が決まりました。

 退院日当日、妹の運転する車に乗せられ帰りましたが、帰り道のルートがおかしな
ものでした。
 僕の家は病院から南西の方角にあり、食料を買う為に寄ってくれと頼んだスーパー
は家よりさらに南にあります。家は長橋町の100メートルほど北にあります。
 妹は病院の駐車場を出てすぐ北の方向へ向かいました。あまりに遠回りになると思い
なぜこんな所を通るのか聞いた所、上堂の交差点が嫌だからと答えました。
 車はどんどん北に向かい厨川まできて西進を始めました。

 南下、自宅方向に向かい始めたのは集団ストーカーをしていると噂される団体の会館
の前を通ってからです。その建物はみたけにあります。
それから家の前を通り過ぎスーパーへ寄り帰宅しました。

盛岡市の地理を知っている人ならこのルートで帰宅するのはあまりに遠回りで異常だと
わかるでしょう。

妹自身が否定しても僕に妹がそこの団体に所属していると疑われても仕方の無い行動です。
どうせ僕には何の力もないと思い仄めかしのつもりでわざわざ遠回りして会館の前を通っ
たんでしょう。

 その後居間で妹と弟と話し合いをしました。
 二人が執拗に要求したのはカメラの使用をやめることです。あの団体も撮影されるのは
まずいと思ってるんでしょうか。
僕は今まで通り自分の必要に応じてカメラを使用すると宣言し話し合いを終わらせました。

 近所の住民や母の入院する病院としょっちゅうトラブルを起こしているかのようなでっ
ちあげかつ理由にならない理由での強制入院はやっとおわりました。

このブログは蟻が象に挑んでいるようなもので、あの団体にとっては痛くも痒くもないかも
しれないが、可能な限り続けていく覚悟です。

盛岡市保健所のサコシ・ケンイチへ

  盛岡市保健所のサコシ・ケンイチへ

 妹を通じて以前ユーチューブへアップロードした動画の影響で迷惑し
ているから、僕のPC内の元動画も削除して欲しいと聞いた。
そんな事を頼めるなんてどんな神経をしているんだ?

 迷惑を受けたのはこっちのほうだ。
今回の件も今後僕に大きな影響を与えるだろう、もちろん悪い方に。

お前は昨年12月11日、僕が車に押し込まれる直前にお前に「これは合法
なのか違法なのか」と質問したが無視をし一言もしゃべらなかった。
 そんな人間の頼みを僕が聞くとでも思っているのだろうか?

あの動画はお前たちの不退去罪と誘拐未遂の証拠映像だ。消すわけには
いかない。
このブログを見ている方であの動画をダウンロードした方にも消さない
で保存していただきたい位だ。

 残念ながら僕は失業中なのでお前たちを裁判に訴える余裕は無い。
僕に出来るのはこのブログを通じてこんな奴らがいるから気を付けて
欲しいと人々へ呼びかけることぐらいだ。

 最後にもう一度書くが、お前の頼みを聞くつもりは一切無い。

強制入院のため中断していましたが再開します

集団ストーカーの被害を訴えていると精神病院へ強制入院させられる
という噂は本当でした。

 昨年12月11日、僕は親類に両脇から掴まれ無理矢理車に押し込まれ、
病院へ連れて行かれ強制入院させられました。
盛岡市の高松にある盛岡観山荘病院という病院です。

 ブログの更新が止まったのはそのためです。
ご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。

 当分の間、1日一回はブログを更新します。
更新が止まったらまたトラブルに巻き込まれたと思ってください。 

 その後、今年の2月12日に初めて外出を許可され、翌13日に退院しまし
た。
このことについては後で詳しく書きたいと思います。

 本当は裁判で訴えたいくらい腹が立っているが、失業中の為そんな
余裕はありません。僕に出来るのは皆さんにこのような酷いことが公
務員立会いのもと行われているという事実をこのブログを通じ伝える
事だけです。
また、コメントの返事が遅れすいません。もう少しお待ちください。

 そんな訳でまたブログを再開します。よろしくお願いします。

より以前の記事一覧