2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「クラウンタウンの死婦人」コードウェイナー・スミス | トップページ | 最近のアップロードから »

2015年8月16日 (日)

フライング・タイガースとコードウェイナー・スミス

6日の“「クラウンタウンの死婦人」コードウェイナー・スミス”の補足です。

 Crawlieのところにフライング・タイガースのリンクを貼ったものの、これに
関しては原書の英文を読まないと分かりにくい部分が多々あるので、少し
だけ英語の原文を引用しながら補足します。

 フライング・タイガースに関しては原書でも遠まわしに表現というか、読者
にクイズですよ、とさり気なく仄めかしながら書き進めています。

 クイズの例としては、3章の“あなたの番号は本当は末尾が783で、いる
べき場所が違うの。
(原文)“your number originally ended 783 and you shouldn't even be on this planet..
の数字783は、この文の少し前“上に<観光ガイド>と文字のある窓口を指さすと~
(原文)“(She) pointed at a window which had the words TRAVELLERS' AID above it
TRAVELLERS''に関するヒントです。

 この他も沢山ありますが、割と率直に仄めかしてる部分を引用します。
4章の中頃にチャーリー・イズ・マイ・ダーリンがエレインにクローリーについて
話す部分、“みんなをあざけっている。われわれの立場を決める。誰もかれもに~
(原文)“She scorns the rest of us. She put in us our place. She makes everybody~
の“She put in us our place.”ですが、
日本語訳は“われわれの立場を決める。”となってます。
 us”は通常“われわれに”、あるいは“私たちを”などと訳しますが、裏の意味として
Usarmy

つまりアメリカ(軍)の暗喩となります。

「put in」には色々意味がありますが、
この部分を仄めかしの意味として率直に意訳すれば、
“中国(国民党軍)がアメリカ(軍)をアジアに引き込んだ”
といった感じになります。
この辺が分かれば「フォーマルハウト3」(原文:Fomalhaut Ⅲ)が
何を意味するかが分かってくるのではないでしょうか。

 最後にポップ・ミュージックにからませた部分を紹介します。

 前述のチャーリー・イズ・マイ・ダーリンの台詞の少し後、同じくチャーリー~
の台詞です。

「いいぞ、ベイビー=ベイビー、これで話し合いが持てる。もてなしの気持ちを
見せたあとでなければ、新参者とは口をきかないのが習慣でね。率直に話そう。
もしこの件が間違いだとわかったら、あんたを殺すこともありうる。だが仮にそう
いう羽目になったとしても、手ぎわよくやるし、悪意はこめない。いいだろう?

(原文)
That' right, Baby-Baby,’ said Charly-is-my-darling, ‘we can talk. It is our
custom not to talk with a newcomer until we have offered our hospitality. Let
me be frank. We may have no kill you, if this whole business turns out to be a
mistake, but let me assure you that if I do kill you, I will do it nicely and without
the least bit of malice. Right? 

 この中編は1964年に発表されました。
1965年にフランク・シナトラが発表した2枚組のアルバム、
「A Man and His music」の収録曲を見ると、この中編の影響があることが
分かります。

一つヒントをあげておくと、エレインの職業「魔女医者」
「魔女」は原文では「witch」です。
あと答えになってしまいますが、「シナトラ」は「支那虎」と漢字に変換できます。
気が付くのに4半世紀かかりました。

 これらのことは日本語訳だけでは中々分かりにくい事です。
皆さんのなかには某サッカー選手が「旅人」としてメディア上で活動していた
ことを不思議に思っていた方も多いと思います。
恐らくはこの中編のヒントの一つを仄めかしていたのかと思われます。
加山雄三の「旅人よ」は1966年。歌詞はいまいち繋がりを感じませんが
僕は影響があるのではと思ってます。

 スミスの本を読めばメディア上で色々「旅人」のような仄めかしが行われて
いることに気が付くでしょう。
ただし、仄めかしてる本人は何について仄めかしてるのかを知らないこと
が多々あります。なぜなら、仄めかしには若いアイドルや芸人などが、第
三者によって言わされてることも多いからです。

 まだまだ紹介したいヒントは沢山ありますが、今日は取り敢えずこの辺で
終わりにします。
興味のある方は原書を読んでみてください。
アマゾンで数種類短編集が購入できるはずです。
.
.
.
.

« 「クラウンタウンの死婦人」コードウェイナー・スミス | トップページ | 最近のアップロードから »

SFと宗教」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「クラウンタウンの死婦人」コードウェイナー・スミス | トップページ | 最近のアップロードから »