2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 本日のストーカー | トップページ | 車の暖気時の待ち伏せ付きまとい行為 »

2015年1月 1日 (木)

岩手日報社の印税未払い

 20年以上前だったと思いますが、父が知人と3人で「薊舎」という
グループ名義で当時父が勤めていた岩手日報社から「岩手の山菜百科」
というガイドブックをだしました。
現在も新品で購入可能なので、恐らく絶版にはなってないと思います。
(アマゾンを見る限り1988年が初版のようです。)

 父が亡くなってから前述の本の印税が父の口座に振り込まれてい
たことが分かり、岩手日報社に電話をかけたところ、担当者より
「印税の支払いは2,3年に1回なのでしばらくしてからこちらから電話
をする」
といった内容の返答をされました。

 この返答はすぐ嘘で誠意のかけらもないものと分かりました。
なぜなら父の通帳を見て毎年最低1回、時には2回、印税が振り込ま
れているのを知っていたからです。
ですがこれ以上話しても嘘を吐き通され続けるだろうし父の印税なの
で、しつこく食い下がって金にうるさいと思われるのも嫌だったのですぐ
に話を終わらせ電話を切りました。

 父が亡くなって7年ほどになりますが、岩手日報からかかってきた
電話は3,4年ほど前にかかってきたワン切りの電話1回だけです。
契約内容は知りませんが少なくとも父が亡くなった年に印税の支払い
はあるはずなのにありませんでしたし、岩手日報の人が僕のところに
連絡してきたのは父の訃報記事を書くためのものだけでした。

 残念ながら今はこういう嘘つきで誠意のかけらもない連中が
他人を嘘つき呼ばわり、誠意無し呼ばわりするという世の中です。
とにかくそういうことなので「岩手の山菜百科」はなるべく購入
しないようお願いします。

 僕が子供のころはよく家族全員で山に山菜、きのこ取りにいったも
のでした。子供だった僕や兄弟はべつとして母は色々と大変だった
と思います。
せめて母が生きている間だけでも印税の支払いはして欲しかった。

 父は自分が出版に関わった本はすべて書斎や他所の本棚に保存し
ており、勿論この本も家に数冊おいてありました。
それは僕が7年ほど前に実家に戻ってきた時に確認しています。
しかしいつの間にかこの本だけ無くなっていました。
当然、加害者側の人間が盗んでいったのだと想像するのに難くあり
ません。
印税未払いも加害者の指示で岩手日報社の本意ではないのかもしれ
ませんが、対応が対応なのでこういうことになっても仕方がありません。

まあとにかく酷い対応でした。

 念のために書いておきますが、仮にこの記事を読んで岩手日報
の担当が連絡をしてきても今更対応する気は全くありません。
 
 
.
.
.
.

« 本日のストーカー | トップページ | 車の暖気時の待ち伏せ付きまとい行為 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日のストーカー | トップページ | 車の暖気時の待ち伏せ付きまとい行為 »