2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 集団ストーカーと赤狩りの本当の目的は無神論者、無宗教者の弾圧 | トップページ | 映画「ガス燈」と記事についての海外からの仄めかし »

2013年5月29日 (水)

警察の記事をあげてから起こったこと

 数日前(今月12日)に警察が映っている動画の記事を書いて
ここ、1,2週間のあいだに起きたこと。

・記事のアップ数時間後にユーチューブにログインすると
 初めて見るこんな画面になりました。
Bandicam_20130512_141025810
・その翌日にはパソコンをたちあげてもすぐに電源が落ちる状態に
 なりました。OSはウィンドウズのVISTAでパソコンは購入4年くら
 いです。ほとんどテーブルに置いた状態なので扱いが悪くて故障
 したとは考えられません。

 かわりにリナックスのUBUNTUをいれました。いれた日はパソコ
 ンの電源が落ちることはなかったんですが、翌日から時々落ちる
 ようになりました。ただVISTAよりはずっと長持ちします。
 話が少しそれますが、UBUNTUがリナックスのOSで人気がでた
 のは創価学会が絡んでいるからという書き込みを見かけたことが
 あったので導入を迷ったんですが、初心者には扱いやすいという
 点と、2年ほど前に少しの間、WUBIを使って試したことがあり、あ
 る程度の使い方を知っていたのでとりあえずUBUNTUを導入す
 ることに決めました。ウィンドウズのOSに比べると少し使いづらい
 ですが、ネットの視聴がメインでその他にちょっとした動画編集、画
 像や音楽制作をするくらいの僕のようなライト・ユーザーにとっては
 十分なものだと思っています。
 ブラウザはFirefoxを使っていますが、今のバージョンはフラッシュと 
 の相性が悪いのか時々クラッシュします。

 ・警察関係の動画が入ったSDカードが盗まれました。
  パソコンのファイルななぜか残っていました。
  SDカードは僕しかわからないところに隠してあったんですが、なぜ
  分かったのかというのは、想像ですが、盗む前日に部屋のどこかに
  カメラを仕掛けていったということくらいしか考えつきません。
  今はWiFi機能付きのカメラも多数販売されているので、プロならば
  簡単なことなのではないかということです。
  ちなみに昨年、母がなくなった時に家に来たのは盛岡西署の
  捜査二課で僕に事情聴取したのは本名かどうかはわかりません
  が仲宗根(なかそね)と名乗っていました。
  この時は母の遺体の安置してある部屋をなぜか僕が見えないよう
  部屋を閉めきったり、間取りを調べるとかいって部屋の一部を壊して
  そのままにしていったり、まるで人殺し扱いするかのような事情聴取
  をされたり酷いものでした。この時家に来ていた連中が今も西署に
  いるかどうかは不明ですが、非常に感じの悪い奴ばかりという印象
  しかありません。
  仲宗根はどちらかというと色白で20代後半から30代半ばの見え
  メガネをかけ、髪をたたせていました。普段はどうかはわかりません。

  盗まれたファイルには事情聴取の様子と数日後に西署の駐車場で
  交通トラブルの相手と警察とのやり取りなどがおさめられていました。
  ファイルを盗まれた前日に僕はパソコンでそれらのファイルを見たん
  ですが、だいぶ前にしょうかいしたテンペストという方法で僕のパソ
  コンを監視していてやばいと思ったんでしょう。当時は居間のドアを
  外さなければ部屋に侵入できない状態で、僕としてはまさかそこまで
  面倒なことをしてまで盗むような重要なものは無いと思っていたんで
  すが警察にとってはやばいファイルだったんでしょう。でも警察の酷さは
  既にテレビや新聞で毎日のように語られているので、僕が撮ったファイ
  ルは公開したところでたいしたインパクトもないものだと思っています。
  
  昨年末頃に銀行と郵便の通帳を盗まれ再発行の依頼をした時に
  銀行員と郵便局員に警察に盗難届は出さないのか聞かれ出さない
  と答えたのはそういう訳です。
  泥棒をした人間がいるかもしれない所に泥棒に入られたので何とか
  してくださいと頼んでも無駄なことです。

  また少し話がそれますが、父が亡くなる数週間前に銀行の通帳数冊
  が盗まれました。
  それから約3年後に西署から通帳が届いていると連絡が来ました。
  どこで見つかったのか聞くと、父の死後、ひと月後だったかと思います
  が福祉バンクに父のバッグやリュックを幾つか引き取ってもらったこと
  があったんですが、そこから見つかったと答えがきました。
  でも警察の答えは嘘だと分かりました。なぜならば父が通帳を盗まれ
  た時に使っていたバッグは福祉バンクに贈ってないからです。
  その他のバッグも引き取ってもらう前に何度も物が入ってないか確かめ
  ました。そして福祉バンクはバッグを引き取ってから3年間中を確かめず
  に放っておいたんでしょうか?そうだとしたら仕事の怠慢もいいとこです。
  普通なら会社に戻ってすぐ中を確かめるはずです。通帳はまとめてケース
  に入れてあり見つけにくいものではありません。
  そういう訳で警察は嘘を吐いたのは分かりましたが、そのまま反論せず
  に通帳をうけとりました。

  今回のファイル盗難も届けを出しても無駄なので警察へは行きません。

  以上です。これらの出来事が警察が映っている動画をアップしたことと
  関係があるかどうかは分かりませんが、もしかしたらという気持ちもあり
  この記事を書くことにしました。気にし過ぎなのかどうかというのはもう
  少し時間が経たないと分からないような気がします。
  冷静に判断して記事が書けているのかどうか自分でも分からなくなる時
  がありますが、とにかく事実をなるべく正確に書き、世にだしたいと思って
  います。

  誤解しないでほしいのは「警察」という組織が問題なのではなく、警察
  の職務を利用して、別に所属する反社会的な団体の活動をしている人
  間が多数警察という社会秩序を守る組織にいる事が問題なのだという
  ことです。
  
  警察は世の中に必要な組織です。ただ前述の状態なので警察本来の
  機能を果たしていないというのが現状であり、大きな問題でもあります。

  自分たちに出来ることは身近にいる人間から創価学会員を割り出し、
  連中を監視することくらいです。暮らし辛い世の中はまだまだ続きそうです。

.
.
.
   

« 集団ストーカーと赤狩りの本当の目的は無神論者、無宗教者の弾圧 | トップページ | 映画「ガス燈」と記事についての海外からの仄めかし »

創価学会・Soka Gakkai」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 集団ストーカーと赤狩りの本当の目的は無神論者、無宗教者の弾圧 | トップページ | 映画「ガス燈」と記事についての海外からの仄めかし »