2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ビッグハウス月ヶ丘店 | トップページ | 何の目的か分からない嫌がらせ »

2013年4月10日 (水)

アノニマスのドキュメント映画「we are legion」

 数日前からアノニマスによる北朝鮮のサイトへの攻撃が話題になっている
ようなのでアノニマス関連の映画を紹介します。 

 アノニマスの活動を追ったドキュメント映画「we are legion」が昨年アメリカで
公開されました。
日本での公開はまだのようですが、NHKで短く編集されたのもが先月放送
されたようです。
 ユーチューブには残念ながら日本語の字幕は無いようなので、英語の字幕
機能つきのものを貼っておきます。デイリーモーションにNHKで放送したものが
ありますが、日本語吹き替えと元々の音声が重なり聞きづらいです。

 前半から中盤まではアノニマスを有名にしたアメリカのカルト新興宗教団体サイエン
トロジーへの抗議活動の様子が中心になっています。
後半はアラブの民主化運動やウィキリークスに関わる活動などの様子が写しだされ
ています。
英語の聞き取りな苦手な自分ではこの映画の内容をを理解する事は難しいですが、
アノニマスの活動を善と悪という基準だけで判断するのは困難だということは分かり
ます。またアノニマスはその存在の性格上敵対者がかなりもぐりこんでいることも予想
されるので彼らの本当の目的を知る事も非常に難しいです。そうした事を承知したう
えで見ても興味深い映画だと思います。

 個人的に疑問に思った映像はこれです。
NHKの放送ではカットされているようです。
Wal_1「なんでもかんでも創価に結びつけるな」という思い込みの激しいコメントが予想
されるので何故疑問に思ったかは書きませんが、正直無駄なシーンだと思って
います。
創価学会員にもアノニマスとして活動してる者が相当数いるであろうことは、すで
に多くの人が思っている事でしょう。

 サイエントロジーへの抗議活動場面から。注意深く登場人物を見ていると、
この映画でインタビューを受けてる人の中にも立場を偽ってるカルト、宗教側の
人間がいるようにも見えます。
日本で集団ストーカー被害を訴えている団体のいかがわしさを考えれば分かる
のではないでしょうか。こういった抗議活動にカルト側がいるということはよく
憶えておかないといけません。

Wal_2

Wal_3

日本でも公開されるといいですね。
アノニマスに関するページのリンクをいくつか貼っておきます。

Wikipediaのページは何故か彼らが知られるようになったきっかけのサイエントロジーへの
抗議活動についてほんの少ししか触れていません。非常に不自然な内容で、この
ページがカルト関係者によって管理されているんじゃないかとも思ってしまいます。

日本に住むアノニマスへのインタビューですが、ここでもサイエントロジーという言葉を
使わずにいることで不信感をもたざるをえないインタビューになっています。もちろん
アノニマスが全員サイエントロジーが嫌いというわけではないと思いますが、それでも
このような受け答えはしないんじゃないでしょうか。

その他のアノニマスに関するページ

 余談ですが、この映画をユーチューブで初めて見つけた時、再生数が100万回
を超えているものをブックマークしたんですが、なぜかその1,2週間後に削除され
ていました。

 あと僕がこの映画をユーチューブで見た少し後に、いつもチェックしているアメリカの
ビル・マーというコメディアンがこんなツイートをしてます。
Bm誰に向けてツイートしたのか、それを将来、正直に話すかどうかは分かりません。

 ビル・マーは不可知論者、無宗教のコメディアンとしてテレビやツイッターなどで
宗教者をからかう発言をよくしていますが、本当に無宗教なのかどうかは疑問です。
無神論者ではないことも表明しています。彼の英語版Wikiには
"I'm not an atheist. There's a really big difference between an atheist and
someone who just doesn't believe in religion. Religion to me is a bureaucracy
between man and God that I don't need. But I'm not an atheist, no."
"私は無神論者ではない。無神論者とただ宗教を信じていない人の間には非常に
大きな違いがあります。私にとって宗教とは人間と神との間における官僚制度
であって私に必要は無い。しかし、私は、無神論者ではない。"
といった彼の言葉も引用されています。

ビル・マー(Wikipedia)
日本語版にも上記の彼のコメントが載っていたような気がしましたが、今は無いようです。

ビル・マー公式サイト

ビル・マーのツイッター
.
.
.

« ビッグハウス月ヶ丘店 | トップページ | 何の目的か分からない嫌がらせ »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビッグハウス月ヶ丘店 | トップページ | 何の目的か分からない嫌がらせ »