2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 有神論者、無神論者とは? | トップページ | 待ち伏せ車両 9月21日 »

2012年9月15日 (土)

厨川中学校の解体工事で思い出した事

 先日久しぶりに厨川中学校の前を通ったら解体工事をしていました。どうやら震災の影響のため
新しい校舎を建て、旧校舎は解体するようで、工事は今年の1月から始まっていたようです。

 4半世紀ほど前にここに通っていた頃すでにボロボロといった感じの校舎だったので、建て替えは
もっと早くても良かったと思っています。

 ここの教室の廊下側の壁は板を剥がすと、中は空洞になっていました。卒業式の数日前だったと
記憶していますが、そこの空洞に聖教新聞販売店の息子のM利が自分のスケッチブックを隠しまし
た。M利は5,6年前に集ストのことで連絡を取った時は静岡に住んでいると言ってましたが、今はどこ
に住んでいるかは分かりません。

 このブログを厨川中学の関係者が見てるかどうか分かりませんが、憶えている範囲でもう少し詳し
く書くと、スケッチブックは当時の3年6組(僕とM利がいたクラス)の教室のどちらかというと西寄りの
壁にM利のスケッチブックが隠されているはずです。何を書いていたかはちょっと憶えていませんが、
「創価学会最高!」とか「池田大作先生万歳!」「創価学会が集団ストーカーをしてるのは本当です」
とか「厨川中学の生徒も親や教師の命令で見知らぬ人物の付きまとい行為をしているのが沢山いま
す」とかいったようなことは書いてなかったような気がします。

 普通なら、4半世紀前の在校生のスケッチブックが解体工事の際に教室の壁から見つかるなんて
事は、地元のニュースとしてちょっとした話題になるんでしょうが、ここまで書いたらニュースにできな
いでしょうね(笑)。

2012sep_1
2012sep12_2

 

« 有神論者、無神論者とは? | トップページ | 待ち伏せ車両 9月21日 »

近所の様子・仄めかし・嫌がらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 有神論者、無神論者とは? | トップページ | 待ち伏せ車両 9月21日 »